野菜不足は万病の元、楽しみながらしっかり摂取

野菜を食べない現代人はかなり多いですが、野菜不足は深刻な病気や症状を引き起こすことがあります。

特に現代の日本人は肉食生活が中心となっており、野菜を積極的に摂るように言われています。

しかし、野菜が不足することによるデメリットはあまり知られておらず、野菜摂取量が増えたとは言い難いのが現状です。

今回は、そんな野菜不足が招いてしまう病気と、その解消方法を解説していきます。

 野菜不足が引き起こす病気

1:生活習慣病

生活習慣病とは「肥満」「糖尿病」「高血圧」等のことをいい、普段の生活習慣に起因する病気や症状のことを言います。

これらの病気や症状は野菜不足と密接な関係があります。

野菜に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維は生活習慣病に効果的な働きが期待出来るものですが、いずれも体内で生成出来ないため、野菜を摂取しないと、不足することは避けられません。

例えば、野菜に含まれるカリウムという栄養は、塩分を体外に排出する効果があります。

つまり野菜を日常的に摂取する人なら、塩分を多めに摂ってしまったとしても、カリウムの働きにより、体外に塩分を排出してくれるので、高血圧になる可能性を抑えてくれます。

しかし野菜を摂取しない人は、塩分を体外に排出する働きが弱くなるので、高血圧になる可能性が高くなってしまいます。

そして、肥満、糖尿病についてですが、一見野菜とは何の関係もないように思えます。

ここで重要となるのが、食べ物を食べた後のメカニズムですが、糖分が含まれる物を食べると、それをエネルギーに変えるインスリンという物質が活発に働きます。

野菜を食べることによって、その動きを緩やかにすることが出来るのです。

エネルギーはすぐに作られた方が良いと思うかもしれませんが、インスリンの急激な動きは臓器の疲れや早期の空腹感を招きます。

そのような状況で食事をすることによって、糖分はエネルギーではなく、脂肪になってしまうのです。

 2:うつ病

野菜不足は、うつ病とも関係があります。

と、言うのも、最近の調査では野菜不足の人は、緑黄色野菜に含まれる葉酸の摂取量が少ないという研究結果が出ているからなのです。

葉酸は聞き慣れない言葉ですが、ビタミンの一種で、体組織の生成に不可欠な物質となっています。

他にも野菜に含まれているビタミンB6、ビタミンB12は、精神を落ち着かせて健康な神経を維持する効果が期待出来るため、野菜不足の人は、うつ病になる可能性が高くなってしまうのです。

さきほど話に出ました葉酸ですが、うつ病に一定の効果があるという研究結果も出ているようです。

 3:皮膚病・肌荒れ

綺麗な肌を維持するためには、野菜が必要なのは有名な話ですね。

野菜に含まれるビタミン、ミネラルが不足してしまうと、コラーゲンの生成や保持が上手く出来なくなります。

またビタミンやミネラル、食物繊維が不足すると便秘の原因にもなり、体内に毒素が留まってしまうことで、ニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

 野菜不足の解消方法

1人暮らしの社会人は野菜不足に陥る傾向が強いと言われています。

その理由として「仕事が忙しく、なかなか自炊出来ない」「外食やコンビ二の弁当が美味しいから」という意見が目立ちます。

確かに、外食やコンビニ弁当は1人暮らしの社会人にとって強い味方ですが、これらの食品は添加物が多く含まれているため、日常的に食べ続けるのは推奨出来ません。

そんな多忙な社会人にいきなり自炊にして下さいというのは無理な話ですので、まずは野菜不足を解消することを第一として下さい。

具体的には、ファミレスやお弁当に、サラダを追加注文したり、タッパーにレタスやブロッコリー、ミニトマト等の生野菜をそのまま詰めて、昼食と一緒に食べるのがお勧めです。

タッパーに入れる野菜は千切るだけで、手間も時間もかからないのがポイントです。

他には、スーパー等で販売されているカット野菜を使えば、生でも調理してからでも好きなように使うことが出来ます。

最近は自分で野菜を栽培して、そのまま食べられるキットがコンビニ等で販売されていたりするので、気分が乗らないときには、そういうアイテムに頼りながら、野菜不足解消に繋げて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする