乾燥肌の効果的な治し方

突然ですが、乾燥肌って何だと思いますか?

書いて字のごとく、肌が乾燥した状態をイメージすると思われますが、それは正確な表現ではありません。

乾燥肌と言えば一言で終わりますが、様々な原因と治療方法があるのです。

今回は、そんな乾燥肌を効果的に治す方法を説明していきます。

 乾燥肌の原因とは

まずは、乾燥肌の概要について説明しますが、乾燥肌はドライスキンとも呼ばれており、皮脂分泌量の低下、角質の水分含有量が低下した状態を指します。

つまり、肌がカサカサになっているから、乾燥肌ということではないのです。

それでは、そこに至る原因について説明していきます。

 1:偏った食事

乾燥肌と聞くと、化粧水や美容液等を使って外側から、スキンケアすることを考えがちになります。

しかし、乾燥肌の原因が、身体の内側にある場合は、スキンケアでの解決は難しいと言えます。

身体の内側に原因がある場合には、それに応じた解決方法を行う必要があります。

その原因として、可能性が高いのが偏食です。

近年、食生活の欧米化や無理なダイエットにより、食事から得られる栄養が偏る傾向があります。

人の肌は食事と大きく関係しており、様々な栄養を摂取することが求められますが、ビタミンCが不足してくると、代謝が悪くなってしまい、肌表面の脂分が減ることで、乾燥肌を招くことに繋がります。

乾燥肌の人におすすめ出来ない食べ物として、「コーヒー」「ファストフード」「スナック菓子」「アイスクリーム」等が挙げられますが、これらの食品の特徴として、「塩分が多い」「身体を冷やす」が挙げられ、それにより新陳代謝を滞らせてしまいます。

 2:間違ったスキンケア

乾燥肌の原因として代表的なものに「間違ったスキンケア」というものがあります。

乾燥肌で悩んでいる人は治したいという思いが人一倍強く、肌を強くこすってしまったり、頻繁に洗ってしまうことで、逆に乾燥肌が治らない方向に進んでしまいます。

肌を強くこすってしまうと、肌を傷つける原因となり、肌の保水能力が低下したり、炎症やシミを引き起こす要因にもなりかねないので気をつける必要があります。

また洗顔回数が多すぎると、肌が綺麗になるどころか、肌にとって必要な脂分まで洗い流してしまい肌荒れしやすくなってしまいます。

 3:エアコンの効かせすぎ

オフィスワークなどの空調が効いた室内で何時間も働いている人は、エアコンが原因で乾燥肌になっている可能性があります。

エアコンを効かせている室内は乾燥していることが多く、大気が乾燥していると、皮脂も乾燥してしまい、皮膚の水分が失われてしまいます。

特に夏は汗をかきやすいので、脂取りシートで肌を拭いたり、洗顔を頻繁にする人がいるかもしれませんが、これは肌の水分不足を補うために、過剰分泌された皮脂を無くしてしまうことに繋がるので肌にとって良いことではありません。

 乾燥肌の効果的な治し方

1:バランスの良い食事を摂る

人の肌は食事と大きく関係していることは先程も言いましたが、乾燥肌は普段の食事に気をつけることで、効果的に治すことが出来ます。

皮膚の乾燥を防ぐには血行を促進させて、新陳代謝を促す効果が期待出来る栄養を摂ることが重要となり、「レバー」「豚肉」「レモン」「ゴマ」「こんにゃく」「たらこ」等の食べ物が乾燥肌に効果的だと言われています。

これらの食べ物は「ビタミンA」「ビタミンB」「ビタミンC」「ビタミンE」「セラミド」「αーリレノン酸」等の栄養を含む代表的な食べ物であり、普段の食事でも手軽に摂取することが出来るため、継続し続けることが容易です。

先程から「肌の皮脂」という言葉を行っておりますが、脂も食事から摂取する必要があり、「サーモン」「サバ」「イワシ」のような青魚、そして「コーン油」「大豆油」「ゴマ油」の中に必要な脂が含まれています。

これらに含まれる脂は体内で生成出来ないため、食品から摂取するしかないのです。

 2:正しいスキンケアを行う

正しいスキンケアを行わないと、肌を傷つけ、皮脂を失わせてしまうため、洗顔時には「1日に何回も洗顔しない」「強くこすらない」「洗顔力が強すぎる洗顔剤を使わない」「お湯は高くても40度まで」「タオルで拭くときは軽く押さえる」という点に注意して行って下さい。

また、就寝前のメイク落としやクレンジングについては、賛否両論があるのですが、品質がしっかりしている製品であれば、お湯洗いで終わらすことが可能であり、肌を傷めることを防ぐことが出来ます。

やや品質に不安がある場合は、メイク等はきちんと落として、肌の保守効果を最大限に発揮させるようにして下さい。

 3:室内こそ水分補給を行う

エアコンが効いているところに長時間いると、肌が乾燥しやすくなります。

エアコンを切ることは難しいので、水分補給をきっちり行うようにして下さい。

顔の脂が気になる方は、すぐに脂取りシートを使わず、ハンカチ等で顔を拭き、脂取りシートを使う頻度は少なくしてみて下さい。

他にもミストをかけることで、水分補充をするのもお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする